当相談所の相談とは?

計画立案ではライフプランシュミレーションとローンアドバイスを行います。

当相談所では住宅購入を数ある中のライフイベントの1つとしてとらえ、ライフプランニングの面からお客様をサポートいたします。

出産

教育

住宅購入

万が一の入院

老後生活

どんなことをしてくれるの?

現在の収入、お子様の教育進路予定、住宅購入や増改築、老後の資金計画、相続贈与予定について数値化し、具体的なプランを設計いたします。

また、万が一、介護、病気にかかった場合などの、もしものプランも作成することで転ばぬ先の杖としての安心材料にもなります。

その結果、お客様の利益にならないと判断した場合は住宅購入の延期・再検討をアドバイスする事もあります。

なぜライフプランが必要なの?

住宅購入に関わる会社を立場の違いについて比較するとよく分かると思います。

住宅会社編

住宅展示場で豪華な設備や雰囲気のいい家具を使い憧れの夢のマイホームを見せます。

素敵な住宅を見せ、お客様の購買意欲を促し、購入予算以上の提案をしてきます。

『他のお客様も同じような年収でこれぐらいの住宅を建てますよ』

とお客様を安心させ、契約させます。

不動産屋編

不動産営業マンは基本的に仲介手数料のことを考えて動いています。

ですから、より仲介手数料の取れる高い物件を薦めてきます。

『この物件はすごい人気です。実は他の方も検討されています。買うなら今ですよ!』

営業トークで購入を急かせます。

銀行編

毎月の決められた融資件数のノルマのことを考えています。融資審査に通れば別に何だっていいのです。

『みんさんこの住宅ローンを選ばれてますよ』と言うでしょう。

返済途中で滞っても融資担当者にとっては何も影響はありません。

影響があるのは借りたお客様のみです。

リフォーム会社編

リフォーム金額を大きくする為にすぐに修繕する必要のない工事まで提案してきます。

『そろそろ設備の交換時期ですね。ついでにここもリフォームした方がいいですね』と言って『せっかくだから』とついついお願いしてしまいませんか?

これは悪徳リフォーム会社に限った話ではありません。

いかがでしょうか。

もちろん、全てそんな会社ばかりではありません。中には信頼できる会社もたくさんいます。

でも、騙そうとしてくる人や会社も中にはいます。

誰もお客様の住宅購入後の生活については責任をもってはくれません。

住宅会社、不動産会社、銀行、リフォーム会社の言葉を鵜呑みにするのは危険です。

住宅購入以外のライフイベントの資金が不足し、家計破綻する可能性があります。

それぞれが自らの家計に合わせたライフプランが必要になります。

ライフシュミレーションでできること

「キャッシュフロー表」を作成します。

キャッシュフロー表とはご家族のライフイベントをもとに、給与などの収入と生活費などの支出をシミュレーションした家計の収支予測の一覧表です。

ライフシュミレーション

ローンアドバイスの必要性とは?

金利だけであれば金利比較サイトなどで調べることはできます。

また、借り入れ時の返済計画なども金融機関のwebページでもシュミレーションができます。

しかし、金利タイプの選択、融資手数料、支払い総額、繰上げ返済、保証会社金利、ネット銀行、銀行の特徴など様々比較するポイントがあります。

慣れてない人であれば時間がかかり、人では細かいところまでの比較は難しいのが現状です。

料金

5万円+税/式

こちらのサービスは有償サービスです。

無理な勧誘は一切行いません。